子育て・育児

ベロチュー先生、金沢の小学生女児1名を不登校にする

金沢私立小学校で4月、40代男性教諭が担任する6年生児童に対して「クイズに紹介したらベロベロチュー」という変態発言をしていた事が発覚。Twitterではベロチューがトレンド入り。

ベロチュー報道記事

具体的にどんな言動があったのか?

ベロチュー

市教委によると、教諭は4月上旬、健康診断で教室に控えていた複数の児童に算数に関するクイズなど5問を出した。

1問正解するごとに「握手」「高い高い」「なでなで」「ハグ」「ベロベロチュー」から一つを選べると発言。実際には握手以外はしていない。

sankei.com

被害生徒の1人がショックを受けて休む

この変態教諭の発言を受けて女子生徒1名がショックで学校を休んだが、現在は登校できているそうです。

ベロチューに対するTwitter上の声

過去にどの学校なのか分かりませんが実例があったのに、そういったケースが全国の教育委員会で共有されていない、指導されていないのは大問題です。

立派なセクハラですが男性教諭は逮捕されてない模様

この教諭は担任を交代したものの、逮捕されたという情報がありません。事件のあった石川県にはいしかわ子ども総合条例というのがあります。その基本理念に照らし合わせると、今回の行為は非常に不適切であることが分かります。

いしかわ子ども総合条例

子どもの基本的人権の確保:何人も、常に子どもの基本的人権が確保されるよう努める。

こういった条例があるのにも関わらず、今回の男性教諭の変態行為があった事は残念でなりません。厳しい処罰が望まれます。