社会

メイプルシステムズ退職ツイートに社長が反論、正しいのはどっち?

経営者でTwitterやSNSはやらないという方針や意見の人も多いですが、経営者の事情に関係なく社員は好き勝手(言い方が悪いかもしれないけど)にツイートし、それが拡散してしまう事があります。

火消しという意味でもいざという時に対抗できる術はあっても良いのではないでしょうか?

メイプルシステムズ社員の退職ツイートが正しくない

社員のツイートだけを見るとメイプルシステムズに非がある様に思えますが、社長のツイートを見ると問題は会社というより退職した社員にあった様に思えます。

SNSを活用しないと一方的な意見だけが広がってしまうリスク

SNSは一度炎上したり話題となったツイートは例え嘘でもどんどん広がります。

その間、他の誰かが正しい情報をツイートしてもそれが大勢の目に留まる事はほとんどありません。正しい情報ほど、どんどん埋もれてしまいます。

反面誤った情報は人の感情に響き、その情報が確かなのか確かめられる事なくワンクリックやワンタップで拡散されます。

こういった状況下で火消しできないのは会社の評判に響くため、普段ツイートしないにしても反論用、訂正用としてTwitterアカウントを開設しておくのも1つの手だと思います。